スマホ修理前にしておくべきバックアップ

修理前にはスマホの内部データのバックアップが必須!

スマホを修理にだすとどうなるのか?

パソコンなどコンピュータの世界では全てが様々なデータを蓄積利用しているので、そのデータが壊れたり消失したりすると何もできなくなってしまいます。
また、個人情報などもデータとして機器内のメモリに格納されているので、私たちはいつでも利用して活用しているのです。

スマートフォンについても一種のコンピュータであり、インターネットやSNSなどの閲覧データや電話帳データ、メールデータなど多くを保存しています。
何らかの理由でデータが使用不可になった場合に、復旧できるようにコンピュータ以外の場所にデータを待避させておいていつでも元に戻せるようにしておくのです。
このことをバックアップといいます。
バックアップをしておけば、パソコンやスマートフォンが壊れてしまっても修理後にバックアップからデータを戻すことで元通りの状態にすることができます。
また、新しい機種や別の機種に交換してもバックアップがあれば、以前の状態に戻せて利用ができるのです。

スマホの調子が悪く故障などでメーカーに修理にだすことがあります。
今まで使っていた状態でデータがスマホに入っていますが、そのデータは修理に際しては消失しても保証はされません。
データ自体は共用のものから個人的なものまで含まれることから、修理を受けたメーカー側では扱うことができないのです。
そのため、スマホに入ったデータについても修理をする場合に初期化されてしまうのです。
修理する部分によっては希にデータが消えていないこともありますが、保証範囲ではないことに変わりはありません。
そんな理由からスマホなどを修理に出す場合には、事前にご自身でスマホ内の必要なデータを他のメモリ(媒体)などにバックアップをしておくことが必須となるのです。
バックアップもスマホ自体が動作できる状態でないとバックアップは取れませんので、日頃から取っておくことも大切になります。

おすすめリンク

TOPへ戻る